就職における面接のポイント

面接の定番質問たる応募理由に対する返答

就職における面接のポイント 面接では様々な質問が行われますが、面接官から質問されることは、全て応募者の人柄や入社への熱意、そして採用後に本当に社員として貢献してくれるのかを見極める判断材料でもあります。ですので予想される質問の返答は予め準備して、熱意や意欲としてアピールすることがポイントです。特に面接の定番とも言える応募理由は非常に重要な質問であり、その答え次第では不採用につながる可能性が大きいともされています。例えば応募した会社のどの部分に興味を抱いたのか、という具体的な質問になった途端、返答に困った場合では、熱意が無いと判断される典型的な例になります。そのため事前に準備しておくべき返答の一つと言えるでしょう。

「特にありません」という返答は基本的に論外ですが、いい加減に答えることもそれと同等の評価につながる可能性があります。この返答を考える場合では、先ず立場を入れ替えることも有効です。例えば自分が質問する立場で、他人に「自分のどこに興味を持ったのか」という質問を行った場合、褒めて欲しい点や認めて欲しい点を的確に言われれば好印象を持ちますが、見当違いや適当なことを答えられた時には、良い気分にならないことが一般的です。このため応募理由を考える時はその点を考慮致しますと、用意すべき返答も見えてきます。

Copyright (C)2019就職における面接のポイント.All rights reserved.