就職における面接のポイント

保育士の方の就職や転職の面接

就職における面接のポイント 保育士の方は、就職や転職をされる際、面接に行く際の服装について悩まれることが多いようです。しかし、特に指定のない場合、保育士という子どもがたくさんいる現場の仕事へ向かう面接でも、スーツで行くのが良いでしょう。

なかには、服装がわからずに、電話で聞いてしまう方もいるようですが、この場合、電話の時点で少しイメージが下がってしまうかもしれません。職種によらず、面接イコールスーツというのが、社会人としての常識と捉えられ、それができるかどうかでひょうかがかわってしまうこともありますね。しかし、まれにではありますが、実習や現場での子どもたちとのふれあいも兼ねる面接などで、スーツがNGという場合もあります。そのような場合は、事前に服装の指定があるでしょう。しかし、カジュアルすぎる格好は避けたいです。スカートよりもパンツなどの動きやすい服装で、保育士としてふさわしい服装で行きましょう。または、フォーマルな服装で向かい、動きやすい服装にすぐ気が得られるよう、着替えを持参するなども良いでしょう。

はじめての就職の方は、特に、学生気分で(アルバイト気分で)面接に向かうのは避けましょう。保育士は、若くても、子どもたちにとっては見本となる先生です。良識をもった服装を心がけましょう。

Copyright (C)2019就職における面接のポイント.All rights reserved.